09:12 2021年09月20日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

OPECプラス諸国は原油採掘量をさらに日量115万バレル増量し、これから3か月、7月までの間、原油協調減産の規模を段階的に縮小することで合意した。この決定は市場でオーバーヒートや不足を起こさないためにとられたもの。カザフスタンのエネルギー省が明らかにした。

合意では5月に35万バレルの増産を行い、6月にもさらに同じ量の増産を行ったあと、7月にはそれより多い45万バレルを増産する。

ブルームバーグの報道によれば、当初は大多数の国が現在の採掘制限の延長を支持していたものの、最終的に3か月間の段階的な増産で合意した。

3月初めにOPECプラスが4月の産油量を決めた際は、原油価格が目立って急速に上昇し、5%を上回ったため、増産しない方向で合意が成立していた。

関連ニュース

タグ
石油, OPEC
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント