18:13 2021年08月02日
経済
短縮 URL
0 04
でフォローする

サウジアラビア国営石油会社「サウジアラムコ」はアジア市場向け原油販売価格を引き上げる。内部事情に詳しい関係者の話をもとにブルームバーグが伝えている。

情報筋によると、サウジアラムコは4月に「アラビアン・ライト」価格を40セント引き上げる。アジア諸国向け基準を1バレルあたり1ドル80セント上回ることになる。他の原油銘柄は5月に1バレルあたり20-50セント値上がりする。ブルームバーグが証券会社や精製企業8社を対象に行った調査では、値上がり幅は30セントと予測されていた。

ブルームバーグは、アジア向け販売価格引き上げはサウジアラムコがアジア地域の「経済回復に確信がある」ことを物語るとしている。

今回の値上げ決定は、4月2日にOPECプラス諸国が協調減産の規模を段階的に緩和し、5-6月の採掘量に関して日量114.1万バレルの増産に合意したことを受けてのもの。

関連ニュース

タグ
サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント