07:17 2021年08月05日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

26日、銅価格が上昇し、2011年に記録した最高値を更新した。ドル安及びチリからの供給を巡る懸念が高まった。

銅価格は26日、4.3943ドルに達し、2011年8月初旬以来の最高水準を記録した。モスクワ時間7時58分(日本時間13時58分)の時点で、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の銅価格7月限は0.94%高の1ポンド(約 0.45 kg)=4.3842ドル。

ロンドン金属取引所(LME)の銅 3カ月先物は23日の終値が1.6%高の1トン=9551.5ドル、アルミニウムは0.06%高の1トン=2364.5ドル、亜鉛は1.05%高の1トン=2852ドルだった。

トレーダーたちは、ドル安の他にチリの状況にも注目している。ウォール・ストリート・ジャーナルが証券アナリストを引用して報じたところによると、世界の銅供給量の約4分の1を占めるチリの港湾労働者がストライキを呼びかけている。

関連記事

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント