14:42 2021年05月09日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

遺産は、韓国最大の富豪だった李健煕会長が所有し、遺族の手に渡ったサムスンの株式、不動産、美術品などで、総額25兆ウォン(約2兆4400万円)を超えるという。

財産は近いうちにも、遺族(妻、息子、娘2人)の間で分配される見込み。

遺族は、相続税を分割して納付する意向を発表した。Yahoo! Financeによると、相続税の6分の1は4月末までに納め、残りは5年にわたって分割納付する。

またYahoo! Financeによると、遺族は1兆ウォン(約980億円)をウイルス性疾患の研究に寄付すると発表した。また総額およそ2兆ウォン(約1960億円)の約2万3000点の美術品も寄贈するという。

先に「スプートニク」は、世界で話題のサムスンの新型スマホについて報じた。

関連ニュース

タグ
韓国, サムスン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント