05:26 2021年09月25日
経済
短縮 URL
0 31
でフォローする

仮想通貨ビットコインの価値が、約3カ月ぶりに4万5000ドルを割り込んだ。米電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高責任者(CEO)が、同社が保有するビットコインを売却する可能性や、すでに売却した可能性を排除しなかったことが売りを誘った。ブルームバーグが報じた。

保有するビットコイン(一時は15億ドル相当だった)をテスラが処分したことをビットコイン保有者が次の四半期に知ったら悔しがるだろうとのツイッター投稿に対し、マスク氏は「全くだ」と答え、同意したと受け止められる反応を示した。

ブルームバーグによると、マスク氏は16日、仮想通貨に対するマスク氏のスタンスの変化を批判した数人のツイッター利用者と数時間にわたってやりとりした。先にマスク氏は、スタンスの変化について、ビットコインの採掘で消費する電力を発電するために化石燃料の使用が急速に増えていることを懸念した環境問題を理由に挙げた。

テスラは2月、米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で、1月に15億ドルをビットコインに投資したことを明らかにした。マスク氏はテスラのビットコインへの投資を「無鉄砲な行為」だし、テスラの行動は仮想通貨に対するマスク氏の実際の立場を直接反映していないと指摘した。

関連ニュース

5万ドルがなくてもビットコインを購入する方法

タグ
ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント