04:15 2021年06月19日
経済
短縮 URL
0 03
でフォローする

米企業グーグルは2021年夏に自社初のオフライン・ショップをオープンすることを予定している。ショップはニューヨークで出店される。同社が明らかにした。

自社サイトでグーグルは、「本日、私たちは、世界有数の大都市ニューヨークに自社初となるグーグルの小売ショップのオープンを発表する運びとなりました。チェルシー地区の新しいGoogle Storeは、買物客が私たちのデバイスとサービスを正しく評価できる場所となるでしょう。私たちは2021年夏にその扉を開くことになります」と発表した。

同社は、Google Storeで買物客は、Pixelスマートホンやスマート機器Nest、Fitbitや Pixelbookの製品など、さまざまなグーグル製品を目にし、そして購入することができると強調。また、クライアントは、同社のオンラインショップ「GoogleStore.com」で注文し、オフライン・ショップで商品を受け取ることができる。

グーグルは、「私たちは、物理的なショッピングスペースの可能性での実験に取り組み、研究を続け、そこで得られた経験を土台とするため、クライアントに出会い、彼らのショップへの反応を感じることを楽しみにしています」とコメントした。

関連ニュース

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント