18:41 2021年06月24日
経済
短縮 URL
0 41
でフォローする

9月以降、Appleの社員の多くは最低でも週3日、オフィスで勤務しなければならないが、彼らはこのルールに反対を表明した。同社のティム・クックCEOに宛てた社員の書簡を引用し、サイト「ザ・ヴァージ」が報じた。

書簡では、ワークフローの構成に関わってAppleの政策はすでに社員らに退職届の用意を強制していると強調している。

また、「私たちの多くは、自分たちの家族や平穏な暮らし、より良い仕事の実現、Apple社のチームの一部となることの中で、選択しなければならないと実感している。私たちの誰もがこの決定を安易に下すことはなく、そして多くの人がそうしたことはしないだろう」と指摘した。

社員らは、事務所以外で働くことができ、毎日の通勤の大変さから解放されたことから、2020年に彼らは仕事で十分な成果をあげることができたと強調する。また彼らは、書簡の中で、同僚と再会するため事務所での仕事にできるだけ早く復帰したいと希望を表明したが、実際には、多くの社員たちはリモートワークでも仲間との良好な関係を実感していると強調した。

関連ニュース

タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント