19:31 2021年06月15日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

グーグルは仏独占禁止管理庁から2億2000万ユーロの罰金を科されたことを受け、広告管理プラットフォームの広告技術の取り扱いに変更を行うことをプレスリリースを通じて明らかにした。

6 月7日、仏独占禁止管理庁は、オンライン広告分野で自社のサービスを宣伝したとして、グーグルに2億2千万ユーロの罰金を科した。同庁によれば、今回の罰金は、同社が広告サービスに広告を掲載する際に独占的な立場を悪用したことに対して科せられている。

Googleは今後、Google Ad Exchangeを通じた広告スペースのオークション関連データへの平等なアクセスを保証するソリューションの構築に取り組んでいき、特に最後のオークションでの最低落札価格の情報を提供せねばならない。

また、Google Ad Managerでは、「デリケートなインタレストカテゴリー」に対して独自の広告価格が設定できるほか、既存の広告製品に変更を加え、Ad Managerやサードパーティのサーバーとの連携を改善する。また、Googleはユーザーが他のプラットフォームと価格や特別な条件を交渉する場合、これを制限しないことを確認した。

関連ニュース 

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント