15:51 2021年06月15日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の主要半導体メーカー各社が加盟する世界半導体市場統計(WSTS)は、ことしの世界の半導体市場は大幅に拡大し、前年比で約19%増の5272億ドル(約55兆円)となる予測をまとめた。8日、NHKが報じた。

WSTSは主な要因として、コロナ禍による在宅勤務の普及でパソコンやタブレット端末向けの半導体の需要が増加傾向にあること、また、ワクチン接種の加速化に伴う経済活動の活発化で、自動車向けの需要がさらに増加することなどを挙げている

また日本国内の半導体市場も、前年比11.8%増の4兆3529億円に拡大するとの予測。

さらに、WSTSは来年の市場についても、「強い需要が急速に弱まる要因も見られず、拡大が続く」との予測を立てている一方、業種によっては需給がひっ迫する可能性も指摘している。

現在、世界的な半導体不足により自動車メーカーが一時的に操業停止に追い込まれるなど、さまざまな分野へ影響が及んでいる。

関連記事

タグ
テクノ, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント