20:51 2021年06月24日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

ブレント原油の8月先物価格は1バレルあたり72ドルを上回り、2018年10月以来の水準にまで回復した。市場の取引結果で明らかになった。

ブレント原油の8月先物価格は1.1パーセント上昇し、72.25ドルまで値を上げた。WTIの7月先物価格は1.23パーセント上昇し、1バレルあたり70.08ドルとなった。

6月1日にはOPECプラスの会合が行われた。会合の結果、原油の協調減産は以前の水準を維持することが決まり、7月時点の掘削量は若干上昇する形となった。EABインベストメント・グループのストラテジスト、アーニム・ホルツァー氏(Arnim Holzer)はこの状況について、「OPECプラスの決定によりエネルギー産業における価格と投資の水準が維持される」と指摘している。

先にロシア政府のアレクサンドル・ノヴァク副首相は、OPECプラスが2021年の原油需要に対する見通しを日量600万バレルまで上昇させたことを明らかにしていた。また、国際市場における原油と石油製品の需要回復は、ワクチン接種により急速に進んでいるとも指摘した。

関連ニュース

タグ
OPEC, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント