19:58 2021年06月13日
経済
短縮 URL
0 52
でフォローする

中国の港が閉鎖される中、ロシア沿海地方の漁業者は韓国や日本への漁獲物の輸出を増やしている。同地方政府が発表した。

当局によると、沿海地方の企業は2021年に入ってから38万6900トンの水産資源を捕獲しており、これは2020年の漁獲量の85.3%に相当する。

同地方政府は、「疫学上の困難な状況と中国の港の閉鎖により、スケトウダラの漁獲量は30万4500トン、ニシンの漁獲量は4万800トン。カニとエビの漁獲量は1万4000トンだった。中国向けの魚介類の輸出が制限されている状況下では、日本、韓国、CIS諸国、アフリカ向けの輸出が増加する見込みがある」と発表している

以上のことから、同地方での第1四半期における漁獲物の輸出量は、2020年と比べて日本向けは3倍、韓国向けは1.6倍に増加した。

関連ニュース

 

タグ
経済, 韓国, 日本, ロシア, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント