13:51 2021年07月24日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

英国の金融規制当局は、今後、世界大手の暗号通貨取引所の1つBinanceが同国内で暗号通貨の取引ができなくなると発表した。規制当局は、Binanceグループの一員であるサイト「Binance.com」のサービス提供企業「Binance Markets Limited」は、英国における金融活動のライセンスを所持していないと主張する。

同様に、英金融行動監視機構(FCA)は、暗号通貨への投資の危険性について警告した。同機関は、同様のサービスを提供する企業の多くは英国でランセンスを所持しておらず、そのため、投資家が金融オンブズマンに訴え、損失補填の権利を主張することはできないと強調する。

これに対してBinanceの代表は、プラットフォームの公式発表を引用し、FCAの警告はサイト「Binance.com」によって提供されるサービスには影響しないと主張する。Binance代表は、「Binance Markets Limited」社は、独立した法人であり、サイト「Binance.com」を通じサービスを提供していないと強調した。

Binanceは暗号通貨市場で最大手のオペレーターの1つであり、世界中の消費者にあらゆる金融サービスを提供している。先月だけでも、市場の商取引量は約1.5兆ドルとなった。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント