04:20 2021年09月26日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

オンラインショップを展開するアマゾン社の純利益が2021年上半期で158億8500万ドルに達し、前年同時期と比べて2倍に増加した。会社の決算報告で発表された。

2020年上半期で同社の株は1株あたりの利益が15ドル32セントだったところ、現在は1株当たり30ドル92セントにまで増加した。加えて、会社の売り上げは34.8%増加し、2215億9800万ドルに達した。

第2四半期の時点でアマゾン社の純利益は77億円7800万ドルに達し、前年同時期と比べて48.4%の増加となった。 

1株あたりの利益は前年が10ドル30セントだったところ、1株当たり15ドル20セントにまで増加した。

報告次期における会社の売上高は1130億ドルに達し、前年同時期と比べて27%増加した。アナリストらは、売上高が1153億ドルに達すると見込んでいた。

2021年第3四半期の売上高は年換算で10%から16%ほど成長すると見られている。額にすると、1060億ドルから1120億ドルに達する見通し。

関連ニュース

タグ
米国, Amazon
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント