19:28 2021年09月20日
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

ブルームバーグは、2040年までに世界の自動車販売の少なくとも3分の2を電気自動車(EV)が占めると予想している。ブルームバーグは、従来の内燃機関車はすでにその可能性を最大限発揮したが、EVは値下がりと発展を続けていると報じている。 

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は、EVの販売台数は2020年の300万台から2040年には6600万台に増加すると予想している。

また専門家らは、EV販売のリーダーは欧州と中国だと指摘している。

EVによる市場占拠は、継続的なバッテリー容量の増加、価格の低下、インフラ開発などのおかげで最短期間で行われる。また、環境に優しい輸送手段の使用を奨励する各国政府の政策も、重要な役割を演じている。

現在、環境に優しい輸送手段は、世界市場における地位を強化し続けている。フォード、メルセデス・ベンツ、ステランティス、フォルクスワーゲンなどの世界の自動車大手の一部はすでに大規模なEV生産を開始しており、2030年までに自社製品の多くに電気モーターを搭載する計画。

関連ニュース

タグ
自動車
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント