15:21 2021年09月23日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

アイルランドのデータ安全委員会(データプロテクション・コミッション)はデーター処理の透明性に問題が生じたとして米メッセンジャー企業「WhatsApp」に2億2250万ユーロの罰金を科した。

同委員会の発表によれば、WhatsAppおよびFacebookの他の企業との間を含む、データの提供とその処理の透明性に関して捜査が行われた。

データ安全委員会は罰金に加え、WhatsAppに対し、同社のデータ処理プロセスがGDPR規制(EU圏内の個人データ保護規則)に準拠するよう修正要求を行っている。

2021年の冬、WhatsAppのユーザーらは利用規約の更新に猛反発し、一斉により安全なメッセンジャーに乗り換え始めた。新しい利用規約には、WhatsAppがFacebookと情報を共有することが明記されている。

関連ニュース

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント