05:47 2021年09月20日
経済
短縮 URL
0 60
でフォローする

中国の中小企業は、出荷遅延によって在庫を抱えたり資金繰りの悪化を避けるため、海外からの新規の注文を受け付けないケースが増えている。同国紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じている。

同紙によると、中国では新型コロナウイルスのパンデミックによる制限措置で出荷遅延が発生するなか、倉庫が満杯になるのを避けるために受注を断ったり、生産を縮小したりする中小規模の輸出メーカーが増えているという。

中国のあるビジネスマンは、「注文はたくさんあるが、受けるのはためらわれる。現在、80個のコンテナが出荷を待っている状態だ」と同紙にコメントしている。

パンデミック対策により商品の発送に時間がかかっており、中国の輸出メーカーは資金不足に陥っているという。

関連ニュース

タグ
中国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント