10:18 2021年10月18日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

21日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が傘下の米地方銀行、MUFGユニオンバンクの株式を売却する方針を決定したことが明らかとなった。売却額は8000億円規模にのぼり、売却先は米地銀大手USバンコープとされる。時事通信が報じた。

報道によれば、MUFGは、米西海岸を中心に展開する中堅商業銀行であるユニオンバンクの大企業向けなど法人取引は部分的に残すという。同バンクは、個人向けの住宅ローンから法人への融資など幅広く展開していたが、デジタル化に伴う店舗運営など課題を抱えていたとされる。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント