18:58 2020年04月10日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 0 0
でフォローする

宇宙基地の運営企業「アリアンスペース」社は、新型コロナウイルスCOVID-19の拡大がギアナ宇宙センターでの多くのロケット打ち上げ延期を引き起こしたと発表した。

3月はじめ世界保健機関(WHO)はフランスのギアナで新型コロナウイルスの初の感染事例を発表した。そのことからパンデミックがはじめて多くのロケット打ち上げの延期を引き起こした。

発表では発射に向けた準備は条件が整い次第再開されると強調している。「こうした異例の措置の目的は、地域住民と作業スタッフの健康を守ることにある」と述べられている。

宇宙基地の情報筋によれば、まずはじめに3月24日に予定されていた衛星群を搭載した欧州のロケット「ヴェガ」の打ち上げが延期となる。また、4月14日に準備され、アラブ首長国連邦の機器「ファルコン・アイ-2」を搭載したロシアの「ソユーズST-A」の打ち上げも同様に延期される。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

どうやって自分を守る?


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント