17:15 2020年03月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 08
でフォローする

韓国、中国、シンガポールなどのアジア諸国では、新型コロナウイルスの第2波が起こる可能性がある。第2波は、帰国者によって輸入される「輸入型」の性質を持つ。BBCが報じた。

報道によると、新型コロナウイルスの発生源となった中国は18日、国内で初めて新たな感染者が確認されなかったと発表した。これは重要な契機となったが、ウイルスに勝利したと話すのは時期尚早だ。

その後、最近中国に帰国した34人の感染が報告された。シンガポールでも新たに47人の感染が確認され、うち33人は入国者(うち30人は帰国者)だった。

韓国では19日、新たに152人の感染が確認された。帰国者と関連している可能性もあるという。

日本では18日、新たに3人の感染者が報告された。一方、政府は、ウイルスの感染状況は徐々に収まってきているとしている。

先に、香港大学の疫学・生物統計学科のベン・カウリング学科長は、通信社スプートニクに、これまでのところ「ウイルスの特徴がその感染の観点からも、感染症の重症度に関しても変化していないという証拠は一切ない」ため、主な危険が過ぎ去ったとはまだ言えないと伝えた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント