01:47 2020年07月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

いまやトイレットペーパーは、金と同じくらい価値があり入手するのが難しい。新型コロナウイルスのパンデミックで世界中の人々が買い占めに走った結果、日常生活に欠かせないもの、特にトイレットペーパーが売り切れているからだ。その状況を重く見た英国の大学生は、自宅のトイレットペーパーの備蓄量を確認できる計算ツールを開発した。米ニュース「Al.com」が報じた。

英ロンドンでソフトウェア開発に取り組む大学生のベン・サスーンさんと、アーティストのサム・ハリスさんが、自宅には何日分のトイレットペーパーがあるのかを簡単に計算できるサイトを作成した。すでに400万人がこの計算ツールを利用しているという。

この計算サイトで自宅にあるトイレットペーパーのロール数、1日のトイレ回数、1回のトイレで紙を使用する回数、自宅の人数、隔離の期間などの項目に数字を入力すると、すぐにトイレットペーパーの残り具合が判明できる。

サスーンさんたちは「世界中でトイレットペーパーの買いだめが行われていることを心配していました。自宅からトイレットペーパーがなくなることの不安を少しでも減らすために、人々が本当に必要としているものが自宅にどれだけあるのかを明確に伝えるためにこのサイトを作成しました」と、そのサイト作成理由を説明した。

以前、スプートニクは新型コロナウイルス感染拡大によって日本で起きたトイレットペーパー・パニックについて報じた。


3月11日、世界保健機構(WHO)は、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを宣言した。世界中ですでに29万2000人以上が感染、1万2700人以上が亡くなった。

 

新型コロナウイルスについての情報の正誤
© Sputnik / Savitskaya Kristina
新型コロナウイルスについての情報の正誤

 

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

関連記事

タグ
びっくり, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント