18:16 2020年10月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

英国の王位推定相続人であるウェールズ公チャールズが自主隔離期間を終了し、健康状態が良好となった。BBC放送が皇族の公式代表を引用して報じた。

3月25日、チャールズ皇太子は新型コロナウイルスの検査を受け、陽性が確認された。その後、71歳の同皇太子は、社会から自身を隔離することを決心し、1週間、スコットランド領バルモラルの自宅で療養を行った。

「クラレンス・ハウス(チャールズ皇太子の官邸)は今日、医師との協議の後、チャールズ皇太子が自主隔離体制を終了したことを確認した」と皇室代表を引用しBBCが報じた。

皇太子の妻であるコーンウォール公爵カミラ夫人も同様に検査を受け陰性であったが、同妃は週末まで自主隔離を継続する。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント