22:48 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

モスクワは自主隔離の期間を4月14日まで延長すると発表した。モスクワの新型コロナウイルスCOVID-19緊急対策本部が明らかにした。

首都モスクワ及びモスクワ州では今日、3月30日から自主隔離が開始されている。

市民は火急の用事のない限り、自宅から出ることが禁じられている。モスクワのセルゲイ・ソビャニン市長は30日、今週日曜日の4月5日までの1週間の間、市民の移動を追跡するシステムを導入し、自主隔離の違反者を発見につなげていくと発表した。

緊急対策本部の調べによれば、ロシアでは3月30日までの1日で全土35の地域で302人が新たにウイルスに感染した。そのうちモスクワでの感染者は最も多く、212人だった。

重要!更新情報:モスクワにおける新型コロナウイルスの状況監視・管理オペレーション本部は、自主隔離期間が4月14日まで延期されたとの情報を否定した。自主隔離期間の延長については、新型コロナの感染状況を考慮して決定されるという。

新型コロナウイルスについての情報の正誤
© Sputnik / Savitskaya Kristina
新型コロナウイルスについての情報の正誤

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント