22:21 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 06
でフォローする

地元の記者らによると、トルクメニスタンでは、国営の通信機関も教育機関、病院、メーカーに配布される健康保健についての通信資料にもコロナウイルスの感染状況について一切言及されていない。

トルクメニスタン関連のニュースを検閲なしで報じるラジオ「アザトルィク」によれば、防護マスクをして表を歩いたり、パンデミックについて語ると逮捕されかねない。「国境なき記者団」はこの状況について「トルクメニスタン語の辞書から『コロナウイルス』という言葉を削除するラディカルな方法で、トルクメニスタン政府は自国民を危険にさらしている」と評している。

トルクメニスタンの公式発表では、国内の新型コロナウイルスCOVID-19感染例は1つもでていない。3月半ば、グルバングル・ベルディムハメドフ 大統領は国民に対し、ウイルスから身を守る民間療法として中東の植物ペガヌム・ハルマラ(別名シリアンルー)の煙を用いるよう進言していた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
トルクメニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント