10:09 2020年05月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 133
でフォローする

米国の新型コロナウイルス感染者数は18万8000人を超え、死者は4000人を突破。米国は感染者数で世界1位になった。(4月1日現在、最多の死亡者数はイタリアの1万2000人超)米当局は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応できておらず、医療システムも何十万人もの感染者を治療する体制が整っていない。世界一の先進国はなぜウイルスに対抗できなかったのだろうか。

米国では「全てが統制下にある」

米国人は世界的な疫病の流行との戦いで常に先頭に立っていた。2002年のSARS、2015年のジカ熱、2018年のエボラ出血熱の流行は、米国の外で起きており、この国の安全を脅かすものではなかった。しかし今、脅威は国内から生じており、米国はどう対処すればいいのかわからなくなっている。

ドナルド・トランプ米大統領の発言内容は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い急激に変化している。米国で初の感染者が確認された1月22日から死者数が100人未満だった3月中旬まで、トランプ大統領は「全ては統制下にある。感染リスクは低い。暖かくなればウイルスは終息する」と断言していた。3月17日のトランプ大統領の発言は「これはパンデミックだ。私はこれがパンデミックだとずっと前から知っていた。 他の国々を見る必要があっただけだ」となった。

その1週間後、3月24日、トランプ大統領は米国の経済活動を近いうちに再開させると発言し、「感染の問題よりも治療の方が悪くなってはいけない」と強調した。

対応遅れの代償

米国人専門家からは、米国政府は6週間という時間をふいにしてしまったという声が上げられている。米国はこの間に、検査キット、マスク、医療用防護服、人工呼吸器をストックすることが可能だったというのだ。

こうした段になっても米当局は医療機器不足の危機を認識していない。感染例が爆発的に増えたニューヨーク州の知事が、この地域には少なくとも3万人分の人工呼吸器が必要だと発言したが、トランプ大統領は深く受け止めてはいなかった。

また2018年、トランプ政権は、オバマ前大統領が大統領府付属部署として設置した「パンデミックチーム」と呼ばれる政府のグローバル・ヘルス・バイオセキュリティ安全保障部門を廃止してしまっていた。トランプ大統領は、必要な際には再びチームを組めばいいと高をくくっていた。

国内の流行を最小限に抑えるチャンスを逃してしまったと、米ノースカロライナ州の医学博士、開業医(病理)のマーガレット・ジョンソン氏は述べている。「パンデミック阻止は、医療システムではなく、政府が負うべき問題だ。しかしトランプ大統領は専門家の意見に耳を傾けず、中国での流行を追跡し、米国での流行を防ぐことができるはずのプログラムに蓋をしてしまった。」

医療現場は「自助努力」

米国のもう一つのマイナス要因は、社会の分裂。これは政治だけではなく、医療の領域でも起きている。米国の病院の大半は私立病院で、国が薬や医療費の面で援助するわけではない。チェーン経営の大病院もあれば、地域の小さな病院もある。しかし全般的に見て、病床や設備、防護服が不足している。医療機関は「自力でなんとかする」という状態に陥り、不足分は自助努力で補おうとしている。

また、業者による医療機器の供給が間に合わないほど小規模な病院もある。そういった病院は医療品不足のため閉院する。

万人のものではない医療

米国のもう一つの医療の脆弱性は、米国で常に政治的な議論を呼び起こしている医療保険制度。米国人は3つのカテゴリーに分けられるという。1つ目のグループは、保険に加入している富裕層。このグループの保険価格は、州、その州の法律、勤務地、収入など多くの要素によって変わる。これらの米国人は個人保険に月平均440ドル、家族保険に1168ドルを支払う。加入者が通院、入院した場合、医療費は個人負担となり、退院後、その医療費の80%に相当する給付金を受け取る。

二つ目のグルーブは、低所得者。貧困ライン以下で生活している人は、公的医療保険制度「メディケイト」に加入している。これは多くの米国人に無料または低コストの医療を提供する制度で、収入、家族の人数、居住地で加入内容が変わる。

そして3つ目グループは、今最も脆弱な状況下に置かれている保険未加入の米国市民で、その数は2750万人。この数値は全人口の8.5%に相当する。もちろん彼らは救急外来に来て順番の列に並ぶことはできるが、医療を受けられる保証は何もない。

米国の医療保険制度改革、2010年に成立したいわゆるオバマケアはこのグループの人たちのためだった。しかし、トランプ氏は大統領就任後の2017年、この保険制度の廃止に着手した。そして翌2018年12月、テキサス州フォートワース連邦裁判所はこの改革は違憲と判断した。

また、米国には65歳以上で公的医療保険制度「メディケア」に加入し、支払い能力のある国民がいる。月々の支払の250ドルは年金から天引きされる。ただし、この保険は全ての医療費をカバーするわけではなく、負担してくれるのはその一部のみ。そのため米政府はベーシックな保険にすら加入できない何百万人もの国民にどう対応すべきか、手をこまねいている。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 病気, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント