07:39 2020年05月31日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 101
でフォローする

4月1日、新型コロナウイルスの対策に向けたロシアからの医療支援物資がニューヨークに到着した。物資の到着を受けて米国務省のモーガン・オータガス報道官は人道支援を両国間で相互に行い、この危機に共同で取り組む姿勢を示した。

オータガス報道官は記者会見で、「ロシアと米国は過去にも危機を共に乗り越えてきた」、「共通の敵を倒すため協力すべき時」として、相互に人道支援を行う姿勢を示した。

オータガス報道官によれば、トランプ大統領は3月30日に実施されたプーチン大統領との電話首脳会談で、ロシアからの医療支援を受けることに同意した模様。

ロシアの輸送機An-124(ルスラーン)は4月1日にJFK空港へ到着し、同機に搭載されていた人工呼吸器や消毒液、ゴーグル、マスクがニューヨーク市の緊急事態対策本部に納品された。

在米ロシア大使館のアントノフ大使はリアノーボスチ通信の取材に対し、米国も必要とあれば同様の支援をロシアに行うだろうとコメントした。

米ジョンズ・ホプキンズ大学による最新の集計データによれば、米国における新型コロナウイルスの感染者は20万3608人に達し、そのうち4361人の死亡が確認された。

また、世界保健機関(WHO)の最新情報によれば、世界では現時点で82万3626人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち4万598人の死亡が確認された。

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント