14:00 2020年05月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 232
でフォローする

イタリアの料理人たちが新型コロナウイルスCOVID-19対策に駆け付けたロシア人専門家らに感謝の気持ちを表そうと、ボルシチを作った。そのボルシチの鍋の隣に、料理人たちはロシア語で「ごめん。これ、初めて作ったんだ」と書いたカードを置いた。食したウイルス学専門医のアレクサンドル・セミョーノフ氏によれば、イタリアのボルシチは本物には似ていなかったが、それでも心意気はうれしかったという。

ロシア人ウイルス学のアレクサンドル・セミョーノフ医師はFacebookの自分のアカウントに「ボルシチ」の写真を公開。書きこまれたイタリア風ボルシチのお味は「肉でだしをとったビーツっぽい、キャベツっぽい、じゃがいもっぽいスープ」。本場と違うボルシチではあったが、それでがっかりする人は誰もいなかった。イタリア風ボルシチもまた美味だったからだ。それに本国を離れて、家庭の味に飢えていたロシア人たちにこのボルシチは大ご馳走になった。

ロシアのウイルス学医、感染症医、看護婦らは3月23日、24日にイタリアに到着。地元市民への緊急医療支援、公共の場の除染にあたっている。ロシア人専門家らはイタリアの中でもウイルス感染のホットスポット(感染者が急増している場所)であるロンバルディア州ベルガモで活動している。

最新の発表ではイタリアの感染者数は11万0574人。1万3155人が死亡し、1万6847人が完治している。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント