23:36 2020年05月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

イタリアを代表するオペラ歌手のアンドレア・ボチェッリ氏がミラノ市とミラノ大聖堂からの招待を受け、カトリック教会暦でイースターを迎えた4月12日の朝、誰もいないミラノ大聖堂でソロコンサートを行った。イタリアと全世界への愛、治癒、希望を象徴したボチェッリ氏のコンサートはYouTubeで公開され、1日で2800万回の視聴回数を集めた。

ボチェッリ氏は「音楽の力によって、オンライン中継で全世界で手をつなぐ多くの人をひとつにし、鼓動を打つ、この傷ついた地球のハートを抱きしめよう」と語った。

「気前よく、大胆なイニシアチブを発揮したミラノ市と全イタリアは再び、本当に早く手本となり、復興の原動力となるだろう。それを私たちみんなが心から願っている。」

ボチェッリ氏はコンサートをフランク作曲の『天使の糧』から開始した。バッハ、グノーをはじめとする様々な作曲家の『アヴェマリア』を歌った。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
音楽, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント