00:06 2020年05月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

自宅のパソコンからタンパク質のフォールディング解析を手伝うプロジェクトFolding@Home のボランティアらは、新型コロナウイルスの解析に乗り出し、演算能力でスーパーコンピューターを凌駕した。ガーディアン紙が報じた。

Folding@Homeは各家庭にある一般のパソコンを分散コンピューティング技術によって科学研究に利用するプロジェクト。ボランティアの提供する余剰の計算リソースによってたんぱく質のフォールディング(折りたたまれる立体構造)を解析するプロジェクトを2020年2月から新型コロナウイルスに対しても取り組み始めた。

3月25日には合計演算能力は1秒間に1,000,000,000,000,000,000オペレーションを達成。米オークリッジ国立研究所に設置された世界最速のスーパーコンピュータIBM「Summit」を凌駕した。

そして4月13日までに新たに100万人のボランティアが参加。この数値は倍増、世界中のスーパーコンピューター500台すべてを合わせた速度を超えることができた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
コンピューター, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント