11:58 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 24
でフォローする

新型コロナウイルスに感染していた米俳優トム・ハンクスさんと妻のリタ・ウィルソンさんは、抗体がワクチンに使用可能なレベルであるかを確認するために献血を行った。リタさんはマラリア治療剤のクロロキン剤による治療の副作用についても語った。ガーディアン紙とCBSテレビが報じた。

3月、トム・ハンクスさんとリタ・ウィルソンさん夫妻は滞在先のオーストラリアでコロナウイルスに感染していることがわかった。二人は完治し、抗体を研究のために提供しようと献血を行った。

リタさんはクロロキンを使った治療の様子を語った。クロロキンは通常、マラリアの治療に使われる。

​夫妻はCBSテレビの取材に答え、クロロキンによる副作用は強かったと明かした。リタさんは嘔吐を催し、めまいに苦しんだほか、筋力の極度の衰えを感じた。この経験からリタさんは、クロロキンを使用した治療には十分な注意が必要だと語っている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
俳優, 病気, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント