11:41 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

99歳の英国人男性が100歳の誕生日までに歩行器を使って庭を100周すると宣言した。これにより感染症と闘う英国の医師らへの支援金1250ドルを集めようという試みだったのだが、チャレンジがまだ終了しないうちにすでに10万ドル(10億3500万円超)以上が集ってしまった。

チャレンジを宣言したのは東部のベッドフォードシャーに住む元大尉のトム・ムーアさん。ムーアさんは4月末に迎える100歳の誕生日までに自宅の庭を25メートルずつ100回歩行器で回ると宣言。

​​ムーアさんのツィッターのコメントを読むと、ムーアさんは英国国民保健サービスのためにこれだけ勇敢な行動をとっているのだからナイトの称号を叙勲されるべきだという声もあげられている。

ムーアさんはかつてガンを病み、大腿骨を骨折し、国民保健サービスの医療者に大変お世話になったことがある。同サービスで勤務する「素晴らしい」医療者に何とか感謝したい一心で始めたムーアさんのチャレンジだったが、なんと目標額を大幅に上回る支援金が集まりつつある。ムーアさんはこう語る。「勇敢で感動的な医師、看護婦、看護士らの働きはあまりにも価値の高い行為だ。」

ムーアさんのキャンペーンが集める資金は全額、国民保健サービスの慈善基金「チャリティーズ・トゥギャザー」に寄付される。基金のエリー・オートン代表は、ムーアさんの行為は全国に感動を巻き起こし、市民はこれに鼓舞されていると語っている。

「私たちを鼓舞し、そして良いお手本となってくださることに感謝します。」

英国では現在、9万4852人の感染が確認され、すでに1万2000人が死亡している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
英国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント