23:47 2020年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

新型コロナウイルスによる感染者は世界で210万人に達し、感染者の3割以上が米国に集中している。米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新集計データで明らかになった。

ジョンズ・ホプキンズ大学の最新発表によれば、世界では現時点で213万8763人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち14万2735人の死亡が確認されている。米国の感染者数は最多の65万8263人。同国の死者は3万人を超えており、ニューヨーク州だけで1万1477人の死亡が確認されている。

イタリアで発生した感染爆発は収束に向かっている。イタリア市民保護局によれば、新たに死亡が確認された人の数は525人で、減少傾向にある。イタリアの感染者は16万8941人、そのうち2万2170人が死亡。完治して退院した人の数は4万人を超えている。

スペインとイタリアに次いで感染者が多いフランスでも、新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっている。

フランス保健省のジェローム・サロモン保健総局長によれば、死者は前日の時点から753人増え、これまで1万7920人の死亡が確認された。病院には3万1千人以上が入院しており、そのうち6248人が集中治療室で処置を受けている。フランスの感染者は前日の時点から2600人以上増えて10万8847人に達した。感染拡大の長期化を受けて、マクロン大統領は自主隔離の期間を5月11日まで延長した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント