22:51 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、羽田空港の国内線ターミナルに体温を自動で計測するサーモグラフィが設置され、17日から運用が始まった。NHKニュースが伝えている。

国内線を利用し東京と各地を移動した人から新型コロナウイルス感染が確認されるケースが相次いでいることから、国土交通省は国内線についても主要な空港にサーモグラフィの設置を進めている。

17日には、羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルに設置され運用が始まった。サーモグラフィは緊急事態宣言の終了日である5月6日まで設置される予定。状況によっては変更もあるという。

出張で鹿児島県から東京を訪れていた男性(70代)は「これだけ感染者が増えていれば当然の対応だと思う。安心して乗るためにもぜひやってほしい」と話した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 東京, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント