16:30 2020年06月07日
新型コロナウイルス
短縮 URL
2314
でフォローする

安倍首相は17日の記者会見で、新型コロナウイルスのパンデミック状況にある中、世界保健機関(WHO)の役割の重要性を強調した。ロイター通信が報じた。

米国からの資金を断たれたWHOについては安倍首相は、今、コロナウイルス感染症への対策で世界の中心となる存在として、国際社会に対して、対策に協力するよう呼び掛けた。

安倍首相は前日のG7首脳テレビ会議で、パンデミック対策で国際的な組織としてこれに対処できるのはWHOのみと主張したことを明らかにした。安倍首相は「WHOを中心に国際社会が一致協力して、この感染症と戦わなければならない」と指摘し、WHOは政治的に中立ではないなど、そのありかたに意見は分かれるものの、日本としては分担金を削る考えにないことを明らかにした。

安倍首相は、今、WHOを支援しなければならないと、その必要性を明言している。

前日、菅官房長官は記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、閣僚が給与の一部を返納していることを明らかにした。

NHKが17日午後2時発表した情報によると、日本国内の新型コロナウイルスの感染者数は9681(クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客・乗員を除く)、死者数は209人、回復した人の数は1012人。

現時点で世界の感染者数は216万人を超えた。このウイルスにより14万5600人以上が死亡している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, WHO, 日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント