20:27 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

国連児童基金(ユニセフ)は、コロナウイルスが大流行する中、世界中の停戦と世界の子どもたちの保護を呼びかけた。同基金公式サイトでプレスリリースが配信された。

4月17日、ユニセフのヘンリエッタ・フォア事務局長は世界の停戦を求める声明文を発表。同事務局長によると、紛争が続く間は当事者は新型コロナウイルス感染症COVID-19を克服することができないという。世界で2500万以上の子どもが紛争地域で暮らしており、児童をウイルス蔓延から守る必要があると訴えた。

フォア事務局長は、停戦により健康センターや上下水道などの必要なインフラへの攻撃が避けられると指摘。特に脆弱な社会層が医療を受けられるようになり、それこそがコロナウイルス感染対策の重要なファクターとなると強調した。

同事務局長によると、すでに11ヶ国が停戦に合意し、よい兆候がみられるという。

ユニセフでは残る紛争地域にも合意と停戦を呼びかけている。また、紛争当事者は国民が必要な支援を受ける権利を侵害してはならないと改めて指摘した。

現在、世界では220万人以上がコロナウイルスに感染し、15万4000人以上の死亡が確認されている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
国連, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント