19:19 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

北朝鮮政府は以前コロナウイルス感染を否定していたものの、自国民に対し国内で感染が確認されたことを発表した。北朝鮮情報筋をもとにラジオ・フリー・アジアが伝えている。

北朝国内のコロナウイルス感染は3月末の時点ですでに確認されていた。場所は黄海南道と咸鏡北道などで、平壌と両江道の情報筋をもとにラジオ・フリー・アジアが伝えた。

国内のコロナウイルス感染の確認について公式発表はされておらず、国の幹部は国内のウイルスを否定していた。ところが国民に対して予防のための説明会などが行われたという。

3月末、平壌は国民にコロナウイルス検査を実施することについて国際社会に支援を求めた

4月初旬、コロナウイルス大流行を背景に北朝鮮は金日成生誕記念行事を縮小する可能性があるとの情報が出ていた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
北朝鮮, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント