00:28 2020年05月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 41
でフォローする

新型コロナウイルス感染拡大防止のため日本政府が妊婦向けに配布している布マスクに汚れや異物混入などがあった問題で、不良品はさらに増え、7800枚に上ることが分かった。

朝日新聞によると、妊婦用布マスクは4月14日から全国で約50万枚が発想された。その後「髪の毛が入っていた」「変色している」など異物混入や汚れなどの報告が市町村から相次いだ。21日正午前の時点で不良マスクは143市町村で計7870枚確認されている。

厚労省によると、市町村が受け取った時点で不良品に気づき、未配布のケースが多いという。問題を受けて妊婦への配布は中断している。


関連記事

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント