13:16 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

中国、黒竜江省のハルビン(哈爾浜)市は新型コロナウイルス感染者の数が増えたことを受けて、他の都市からの市民およびハルビン市以外で登録の車両の市内への通行を禁じた。ロイター通信が報じている。

ロイター通信の調べによればハルビンでは外国または COVID-19感染者の多い地域から渡航者に対し、28日間の検疫期間が導入された。こうした市民は自自主隔離の他に数種類の検査が義務付けられる。

共同通信の報道では、ハルビンではここ10日間で新型コロナウイルスの症状を訴える患者が新たに57人確認されている。これによりハルビン市の感染者数は72人に達した。

ハルビンはロシアと国境を接しており、中国が4月初めから一時的な国境封鎖措置をとる中で、外国からの航空機の乗り入れは禁じられていなかった。

中国は3月末、国内の感染拡大は食い止められたと宣言していた。ところが実際はそれに反し、感染者の数は拡大しており、感染の第2波の到来がありうるとされている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント