00:31 2020年05月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 33
でフォローする

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、22日、ジュネーブでのブリーフィングで、地球上の大多数の市民はウイルスに対して弱い状態にあり、新型コロナウイルス(COVID-19)はまだ長期間にわたって世界に残り続けるとして、諸国は万全の注意を怠ることのないよう呼び掛けた。

テドロス事務局長は、西ヨーロッパでの感染拡大は大半はすでに安定化または下火になりつつあるものの、アフリカ、中南米、ヨーロッパ東部では憂慮を呼ぶ傾向が続いていると指摘している。テドロス事務局長は、まだ感染の初期段階にある国もあるほか、感染拡大が再燃した国もあると警句を発した。

テドロス事務局長は、「間違いを犯してはなりません。まだ先は長い。このウイルスはまだ長い間私たちの間に残ります」とくぎを刺している。

テドロス事務局長は、世界の人口の大半はウイルスの感染に弱く、新たに感染が拡大する恐れもあると強調した。

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント