16:01 2020年06月07日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

ニューヨークでは、新型コロナウイルスに感染し、人工呼吸器を装着された患者の大多数が死亡していることが、米研究者らの調査で明らかになった。

研究者らは3月1日から4月4日までの間、COVID-19と診断され、市内の病院に搬入された5700人の患者の記録を分析した。

そのうち2634人は完治して退院したか、死亡した患者で、そのうち320人には人工呼吸器が装着されていたが、この患者グループの死亡率は88.1%にも上った。つまり人工呼吸の処置を受けた患者の大半が死亡したことになる。

人工呼吸器をつけられた患者のうち18—65歳のグループの死亡率は76.4%、65歳以上になると死亡率は97.2%。また人工呼吸器をつけず、死亡した患者については18—65歳のグループの死亡率は19.8%、65歳以上は26.6%だった。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント