10:58 2020年12月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ニューヨーク州では新型コロナウイルスの感染による死者数が減少傾向にある。26日の記者会見でアンドリュー・クオモ知事が公開したデータで明らかになった。

26日の記者会見でクオモ知事は24時間の間にニューヨーク州内では新型コロナウイルスの感染により新たに367人が死亡し、州内の死者が1万6599人に達したたことを明らかにした。「死者数には依然として背筋が凍る」としつつ、死者数は着実に減少傾向にあることを示した。

ニューヨーク州政府のデータによれば、2週間前は24時間当たりの死者数が700人を超えていたものの、直近の一週間で死者数は430人から500人の間で落ち着いている。

またクオモ知事によれば入院患者数も減少傾向にある。入院患者数は一時、2万人に迫る勢いだったが、25日の時点で州内の患者数は1万2千人超まで減少した。24時間当たりの入院患者数も減少しており、25日の新たな患者数は1087人に留まった。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新集計結果によれば、米国では96万1969人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち5万4614人の死亡が確認された。感染者のうち、3人に1人が米国人。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント