01:04 2020年09月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 43
でフォローする

シンガポール工科設計大学の研究者らは、各国の新型コロナウイルス感染の収束予想を行った。研究者らによれば、日本は9月25日までにウイルスに100%打ち勝つことができるという。

パンデミック終了時期を計算するため、研究者らは131ヵ国の新型コロナの状況に関するデータを分析した。予想を行う上で研究者らは疫学研究ではポピュラーなSIRモデルを使用した。このモデルによれば、「感染しやすい状況の人たちは感染し、その後、全快する」という。

予想データによれば、日本は5月18日には感染の97%が終了し、6月4日までに99%に達するという。感染の最終的な収束は9月25日とされる。

ロシアに関しては次のように予想している。4月24日にロシアは感染のピークを越える見込みで、5月19日は97%、5月27日には99%に達するという。国内の感染は7月19日には収束を迎える。

現在もっとも厳しい状況にある米国は、研究者らは、8月26日までには感染病から完全に抜け出すことができると予想している。また、世界中のパンデミックは12月9日までに収束すると予想する。

しかし、研究者らは、彼らの予想は不確実であり、間違いも含まれている可能性があると強調している。また、研究者らは、彼らの研究結果に対して注意深く対応するよう読者に要請している。

関連ニュース

米国政府が新型コロナの感染症状リストを更新

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント