10:04 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 57
でフォローする

日本の塩野義製薬が27日、新型コロナウイルスの予防ワクチンを国立感染症研究所と共同で開発する計画を明らかにした。同社のプレスリリースによれば、年内にも臨床実験が開始される。

塩野義が用いるのは昆虫細胞などを使った、タンパク質発現技術。これを活用し、組換えタンパク抗原を発現させようとしている。

開発を担当する塩野義の子会社のUMNファーマは国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の支援する「新型コロナウイ ルス感染症(COVID-19)のワクチン開発に関する研究」に参画している。

塩野義は臨床実験の開始を急ぎ、1千万人規模でのワクチン製造を目指す。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント