13:36 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

イランではメタノールが新型コロナウイルス感染症の治療に効くとの国民の誤った認識により、2月20日から4月7日の間に728人が死亡したという。ホセイン・ハサニアン保健省顧問がAP通信の取材の中で明らかにした。

AP通信は、イランではシャリア(イスラム法)によりアルコール摂取は固く禁じられているとしたうえで、国民の間ではメタノールをコロナウイルスの「治療」や「予防」に使うべきだとの情報が広まっていると報じた。

アルコール需要が高まる中、現地「自家用酒製造者」は有害なメタノールを販売するようになり、その摂取が深刻な中毒や死亡事故を招いているという。

イラン国立法医学鑑定局は、今年のアルコール中毒は昨年比で10倍以上増えていると報告。昨年はアルコール中毒で66人が死亡した。

4月27日現在、イランでは計9万1472人がCOVID-19患者と診断されている。そのうち5806人は死亡、7万933人が治癒した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
イラン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント