23:57 2020年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
1107
でフォローする

中国の楽玉成外務次官は、同国は新型コロナウイルス(COVID-19)の発生源の調査における幅広い国際協力は支持するが、新型コロナの世界的な感染拡大に関して中国を非難することを目的とした国際調査には反対すると述べた。

楽氏は米国のテレビNBCのインタビューで「その罪のいかなる証拠もなしに中国を被告席に着かせ、次に、いわゆる国際調査の助けを借りてその証拠を探すことに反対する。我々はそのような国際調査には断固として反対だ」と述べた。

また楽氏は、複数の国が新型コロナによって引き起こされた経済的損失の補償を中国に求めていることについて、ばかげていると指摘した。

同氏は「中国は流行の原因ではなかった。流行は自然災害だ。中国も他の国と同様にウイルスの被害者であり、ウイルスの協力者ではない(中略)ウイルスはどこにでも出現できた」と述べた。

楽氏はまた「中国を訴え、中国に補償を要求することは単にばかげた政治的な茶番だ」と強調し、「なぜなら中国に損害賠償を求めることは根拠がなく、違法であり、非良心的な人々による強要と何が違うのか?」と指摘した。

同氏はまた、中国は補償の要求について、その感染対策における無能さに対する責任を中国になすりつけようとする試みに他ならないと考えていると述べた。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント