22:00 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

東京都では5月1日、新たに165人がコロナウイルスに感染していることが確認された。都内の感染者は4月29日および30日は2日連続で50人を下回っていたが、3日ぶりに100人を超えた。NHKニュースが伝えている。

東京都の関係者によると、5月1日に新たに確認されたコロナウイルス感染者は165人。4月28日以来の100人超えとなった。これで都内の感染者は計4317人。

5月1日、全国では都内165人を含み、7つの自治体で合わせて179人の感染報告があった。これで国内の新型コロナウイルス感染者は約1万4484人、横浜のクルーズ船の乗客・乗員712人を合わせると1万5196人となった。

全国の死者は455人、クルーズ船の13人を合わせると468人となった。

4月29日、日本の全国知事会は5月6日までされている緊急事態宣言について、6日の後も引き続き延長を求める方針をかためた。当日、東京都の小池百合子知事は、都庁で報道陣の取材に応じた中で、新型コロナウイルスについて「東京はまだ厳しい状況。緊急事態宣言の時期は延長をお願いしたい」と発言した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
東京, 日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント