18:23 2020年12月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

韓国ではコロナウイルス感染が落ち着いたことから、政府は5月6日から隔離体制を緩和する方針を固めた。聯合ニュースが伝えている。

報道によると、韓国は5月6日から緩和的防疫体制に移行し、通常の生活に戻ることを目指す。移行計画では、基本的な安全策を守りながら学校やオフィスは通常の体制に戻ることが可能になる。

一方で、国内では依然として警戒レベルは維持されるという。政府は、隔離緩和は完全な通常生活への復帰を意味するわけではなく、これからも市民は2メートルの社会的距離を保たなければならないと強調する。ただし新しい体制になりコロナウイルスによる社会的・経済的圧迫は少なくなるとしている。

また韓国政府は、昨日米国でコロナ感染症治療に緊急使用が認められたレムデシビルの効果を引き続き検討するという。

韓国疾病予防管理センターによると、3日(日)に新たな確認された感染者は13人。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント