10:35 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 80
でフォローする

多くの国々が5月4日から新型コロナウイルス のパンデミックによる制限措置を緩和または解除し始めている。

欧州で最も厳しい隔離体制を導入していたスペインでは、書店や美容院、靴や洋服の修理店、テイクアウトができるカフェやレストランの営業が再開された。

イタリアでもテイクアウト用のバーやレストランの営業も許可され、建設や製造業も再開する。公園や屋内外の運動施設の利用は、自治体の判断で再開できる。

マレーシアでは移動の制限が完全に撤廃され、企業は通常の業務に戻る。

ベルギーでは、多数の集客を伴わない企業の営業が認められた。ギリシャでは、ほとんどの移動制限が解除され、一部の店は営業している。キプロスでは、旅行会社や大部分の店の営業、協会寺院での祈り(ただし10人未満)が再開し、移動の制限も緩和される。

韓国、セルビア、ポーランド、アルメニア、カザフスタン、チュニジアでも隔離体制の緩和が始まっている。

ロシアでは、ほとんどの地域で自主隔離体制が続いており、この措置は5月11日まで延長される。日本は緊急事態宣言を31日まで延長した

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント