22:07 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 44
でフォローする

昨年12月27日にパリ近郊で肺炎と診断された男性患者は、当時すでにコロナウイルスに罹っていたことが判明した。国際空港近くで勤務する妻には症状は現れず、2人の子どもは発症した。これにより、コロナウイルスは想定よりも1か月早く欧州に到達していたとも考えられる。BBCニュースが伝えている。

アミルーシェ・ハンマーさん(43)は現在では完全に復調しているものの、そのパップテストはCOVID-19検査で陽性を示した。

中国で原因不明の肺炎患者27人確認 7人重体
© Sputnik / Алексей Сухоруков
ハンマーさんによると、病気の前にどこにも旅行に行っておらず、どこで感染したのかは分からないという。

ハンマーさんを担当したイブ・コーエン医師は、感染は12月14日から22日の間であろうと推測する。12月27日に入院したハンマーさんの症状は一般的なコロナウイルスと同じだった。コーエン医師によると、ハンマーさんの2人の子どもは罹患したが、妻には何の症状も現れなかったという。

一方、ハンマーさんの妻はシャルルドゴール空港近くのスーパーで働いており、中国の旅行者と潜在的に接触する可能性はあったとしている。

BBCニュースによると、これらの状況から、コロナウイルスは2019年末の時点ですでに欧州に伝染していたと考えられるという。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
フランス, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント