00:58 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

国連および30か国以上、また慈善団体と研究機関がコロナウイルス対策としてEUの呼びかけで80億ドルを超える支援金の拠出を約束した。BBCニュースが伝えている。

支援金を募るイベントを提唱した欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は、世界中から集まった支援金は団結とヒューマニズムを与えるが、将来的にはもっと多くの支援が必要になると語った。

欧州委員会はワクチン開発に10億ドルを拠出、ノルウェーも同額。フランス、サウジアラビア、ドイツはそれぞれ5000万ユーロ、日本は8億ドル超の支援を表明した。

EUによると支援金の用途としては、44億ドルがワクチン開発、約20億ドルは治療方法の探求、16億ドルが検査キット製造になるという。

欧州委員会委員長は5月4日を、世界連携を背景にしたコロナウイルス対策の「ターニングポイント」と位置付けた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
欧州, 欧州連合, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント