09:59 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
132
でフォローする

米国は新型コロナウイルスCOVID-19の発生源について未だ確証を得ていない。5月5日の記者会見でマーク・ミリー米統合参謀本部議長が発言した。

ミリー議長は記者会見で、「それが武漢のウイルス研究所から漏れたのか、それとも武漢の生鮮市場や別の場所で発生したのか、我々は突き止めていない」と発言した。

​ミリー議長はウイルスが自然発生した可能性についても指摘したが、統合参謀本部が確認している具体的な情報についてのコメントは避けた。また、統合参謀本部で確認している証言をもとに判断する限り、ウイルスの拡散は故意によるものではないとした。

ただし、この点について最終判断を下すのは時期尚早とミリー議長は語った。

米、豪、ニュージーランド、カナダ、英の諜報協定(UKUSA協定)報告書では、中国当局が医師に対しウイルスの存在について沈黙を強要、研究室の生体資料を廃棄し、国外のワクチン開発専門家へのサンプル提供を拒んだとされている。

「フォックスニュース」テレビは「ゼロ番目の患者となったのは武漢ウイルス研究所職員だ」としているが、中国はこの情報を否定している。同研究所の研究者らによると、今日の時点でSARS-CoV-2に類似した人工ウイルスを作るには知識が不十分だという。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント